『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです』

  • Day:2017.01.08 20:11
  • Cat:雑記
やあやあ、明けましておめでとうございます!

更新してないのでご心配をおかけしております、すみません…。
「心配してますよー」ってメールを頂戴しました。メール下さったSKさんありがとうございました。
私は元気です。

20160203-1.jpg

ちょうど2年程前の寒い朝に小鳥ちゃんが逝ってしまってから、ブログをどうしていけばいいのかずっと悩んでいました。
庭に野鳥がたくさん来てくれるので、野鳥ブログみたいな方向も考えたのだけど、やっぱり無理でしたね。えへ。

去年の暮れに、長い間拝見してた犬ブログのわんこが亡くなってしまって、それまでほぼ毎日更新されてたのがなかなか更新されなくなってしまいました。
ブログ主さんは「これからは昔のお写真を載せていきますね」と書かれているのですが、ペットが亡くなったあとって昔の写真見るのもつらいじゃないですか。
少なくとも私は、今でもまだ小鳥ちゃんの写真をじっくり眺めることはできてなくて、何かの拍子に目に入ったりすると涙がじわりと出たりしてしまいます。
そのブログ主さんも今相当つらいと思うんですが、何とかブログを続けていこうと頑張ってらっしゃるんだなと思いました。

私は、このブログはね、もう閉めようと思っていたんです。
文鳥の小鳥ちゃんの可愛らしさを世に広めたい!という気持ちで始めたブログなので、その小鳥ちゃん亡き今やっぱり存続理由がないなあと思っていて。
それをずっと思いながら、でも踏ん切りがつかなくて1年近く放置してしまってたんですが、メールを頂いて、ああやっぱり放置はダメだなと改めて思いました。
で、もう閉めようと思って、ご挨拶の下書きまでしてたんです。

でも最後の最後になにげなく友達に話したら、「某Pちゃんはもう4年くらい更新ないよね」とさらりと言われました。

4年!

それを聞いて急速に「じゃあ、私もまぁいっか…」という気持ちになりました。
勇気をありがとう、某Pちゃん。

というわけで、頻繁には更新できないと思いますが、細々と続けていきますので今後ともよろしくお願いします。

あっ、今日のタイトルは「魔女の宅急便」のコピー。糸井重里が作った。
関連記事
スポンサーサイト

黄色いアイリングのあいつ

先日のツグミと同じくらい水場に来ているのが、シロハラです。
シルエットやサイズ感がツグミにそっくりで、じっくり見るとクチバシの形や色も似ています。
それもそのはず、シロハラは「ツグミ科」なので、まぁ親戚みたいなもんですかね。

20160117-1.jpg
目の回りの黄色いアイリングがおしゃれ!
逆に言うと、それ以外は特に言うことないくらい地味。

20160117-2.jpg
鳴き声は「ポポポポ」。
声というより破裂音っぽい感じです。
見かけが地味だから、鳴き声くらい派手にすればいいのに、鳴き声も地味…。

シロハラといえば、この記事書いた頃は「普段姿が見えない!」「貴重な写真!」と喜んでおったものですが、最近ほぼ毎日姿を現しています。
全然貴重じゃない。
しかも最近の我が家のトップスターはツグミなので、ツグミかと思ったらシロハラだったりすると「なんだシロハラか」みたいになっています。
もうヒヨちゃんみたいな扱い。
地味な鳥の定めですかね。
関連記事

白いマユゲのあいつ

春が終わり夏が終わり秋も終わり、冬が来てやっと鳥見の季節!と思ったらなんか春みたいに暖か。
鳥は山に餌があるうちは降りてこないので、こんなに暖かい日が続くと鳥見もできません。
最近やっと冬らしい寒さになって、我が家の庭にも鳥が姿を現すようになってきました。

ちなみに昨冬、庭をにぎわせたカケス軍団は今冬はまったく来ていません。
カケスの飛来はドングリの出来と関係があるらしいので、今冬は別の場所でドングリが豊作なのかもしれないですね。
また来期に期待です。

代わり(?)に、ちょっと珍しい感じの鳥が来ましたよ!

20160113-1.jpg
キラリと光る白い眉毛、ツグミのつぐみん初登場!
最近、午前と午後、うちに水飲み(水浴び)にきています。

20160113-2.jpg
2011年幹線道路の中央分離帯で見たのが最後なので、つぐみん自体本当に久しぶり。
ていうか、こんな至近距離で見たの初めて…。
両翼がだらんと下がっていますが、これはツグミの特徴のひとつなんですってね。

20160113-3.jpg
こうやって見るとほんとにだらんとなっててちょっとビビる。
小鳥でこんなんになってたら、まず病院コースです(折れてる)。
弛緩が過ぎますよつぐみん。

ところでツグミといえば、漫画「とりぱん」でリンゴの皮を嬉しそうに食べるエピソードでおなじみです。
我が家でも、つぐみんのために水場の近くにリンゴの皮を置いてみました。
一見ゴミが捨ててあるみたいです。
でもとりぱんでは、新品リンゴには目をくれずリンゴの皮にまっしぐらだったので、信じて置きました。
もう3日経ちますが、つぐみんどころか誰にも食べられていません。
たぶんみんな「なんだゴミか」と思っている気がします。
おわり。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。