ありがとう小鳥ちゃん。

去る11月8日に小鳥ちゃんが亡くなりました。
前夜いつものように過ごして寝かせて、朝起きたときにはもう逝ってしまっていました。
7歳半でしたので寿命だったと思います(文鳥の平均寿命は7〜8年といわれています)。
眠ったまま特に苦しむこともなく逝けたのであれば、幸せだったといえるのかも知れません。
今年の夏頃、いつもお世話になっている鳥病院で定期健診して頂いたとき、先生が「正直、この子がここまで長生きできると思わなかったです」と喜んで下さいました。
何度も書いていますが、小鳥ちゃんは体自体がとても小さい上に、若い頃から体が弱くて貧血が酷くいろいろと病気もしていました。だから主人とも「あまり長く生きられないかもね」と話していました。
それが3年前に引っ越しをしてから急にぐんぐん元気になってきて、羽根もぴかぴか、内臓もきれいで、おまけに去年は産卵までしました。
先生にも最近はいつも「きれいだね、顔色もいいね、健康だね」と褒めて頂いていたので、実はちょっとだけ「長生き文鳥になれるかも!」と期待してしまっていたのですよね。
だから寿命とはいえ、こんなに急にぱっと逝ってしまったことにちょっと自分でもびっくりするくらいショックを受けてしまい、ご報告が遅くなってしまいました。
もっと老化が進んで、目が見えなくなったり飛びにくくなったり脚が弱くなったりする小鳥ちゃんを見守りながら心の準備をしていくつもりだったのです。
まだちょっと整理もつかない部分もありますが、書くことでなにか区切りがつけられると良いなと思います。

201412021.jpg
私の力量不足で小鳥ちゃんの魅力や賢さを半分も伝えられなかったと思いますが、小鳥ちゃんを可愛がってくださったみなさま、どうも有り難うございました。

201412022.jpg
小鳥ちゃん、7年半も一緒にいてくれてどうも有り難うね。

201412023.jpg
ゆっくり休んでね。おやすみ。

201412024.jpg
先代、小鳥ちゃんをよろしくね。

スポンサーサイト

小鳥ちゃんマトリョーシカと小鳥ちゃん

すこやましまこのまぐろさんが小鳥ちゃんマトリョーシカを作ってくれたんです。
美麗写真はすこしまさんで見てもらうとして、これ頭のてっぺんが羽根立てになってるんです。
まぐろちゃん芸が細かいぜ。
とりあえず机にあった羽根を刺しましたよ。

では、相変わらず諦めのiPhone適当写真ですが、小鳥ちゃんとのご対面をどうぞ。
さあ行け小鳥ちゃん。ドン。
201410092.jpg
えっなにこわい。

201410091.jpg
頭から羽根が飛び出してる人がいるわ!

201410093.jpg
まぐろちゃんどうも有り難う。

それにつけても小鳥ちゃんの再現性の高さよ。
最後の写真なんて、そっくりじゃないですか。
ほんとすげえなまぐろちゃん。
換羽期になったらどんどん抜けた羽根を刺して行きたいと思います。
頭から大量の羽根が生えて宝塚のフィナーレみたいになったら、また写真撮って載せたいと思います。
ありがとうございました。

羽根をぐいぐい

小鳥さんの換羽の時期です。

2014042212.jpg
もう写真のクオリティは求めないことにしました

今回は小規模換羽みたいで、あんまり羽が落ちません。
まぁ換羽は体力使うので、もうそんなに抜けたり生えたりしなくてもいいです。

2014042222.jpg
このレベルでも上げちゃう。そいつがおれのやり方。

小鳥さんが羽根を振り回して遊んでいるところが見たくて(想像の中では超可愛い感じになってる)、羽根が抜けるとそれを持って小鳥さんに「ほれ、ほれ」と迫っています。
具体的には羽根を顔にぐいぐい押し付けているのですが、1回か2回くらいはくわえて捨てる、的に遊んでくれますが、それ以降はものすごく嫌な顔でのけぞって拒絶し、それでもしつこく迫ると「ビッ!」と怒りの捨てぜりふを吐いて飛び去っていきます。

私が「なんでそんな嫌がるのー小鳥ちゃん、自分の羽根だよー」と不満の声をあげておりましたら、主人に「自分も切った爪を顔にぐいぐい押し付けられたら嫌でしょう」と静かに窘められまして、ああなるほどそれはすまんかったと反省した次第です。
風呂場で抜けた髪の毛の束をぐいぐいされたら、それこそ泣きギレする自信あるわ。
ごめんなさい小鳥さん。

でも1回か2回はくわえてぶん投げてくれますので、1回か2回はぐいぐいしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。