黄色いアイリングのあいつ

先日のツグミと同じくらい水場に来ているのが、シロハラです。
シルエットやサイズ感がツグミにそっくりで、じっくり見るとクチバシの形や色も似ています。
それもそのはず、シロハラは「ツグミ科」なので、まぁ親戚みたいなもんですかね。

20160117-1.jpg
目の回りの黄色いアイリングがおしゃれ!
逆に言うと、それ以外は特に言うことないくらい地味。

20160117-2.jpg
鳴き声は「ポポポポ」。
声というより破裂音っぽい感じです。
見かけが地味だから、鳴き声くらい派手にすればいいのに、鳴き声も地味…。

シロハラといえば、この記事書いた頃は「普段姿が見えない!」「貴重な写真!」と喜んでおったものですが、最近ほぼ毎日姿を現しています。
全然貴重じゃない。
しかも最近の我が家のトップスターはツグミなので、ツグミかと思ったらシロハラだったりすると「なんだシロハラか」みたいになっています。
もうヒヨちゃんみたいな扱い。
地味な鳥の定めですかね。
スポンサーサイト

白いマユゲのあいつ

春が終わり夏が終わり秋も終わり、冬が来てやっと鳥見の季節!と思ったらなんか春みたいに暖か。
鳥は山に餌があるうちは降りてこないので、こんなに暖かい日が続くと鳥見もできません。
最近やっと冬らしい寒さになって、我が家の庭にも鳥が姿を現すようになってきました。

ちなみに昨冬、庭をにぎわせたカケス軍団は今冬はまったく来ていません。
カケスの飛来はドングリの出来と関係があるらしいので、今冬は別の場所でドングリが豊作なのかもしれないですね。
また来期に期待です。

代わり(?)に、ちょっと珍しい感じの鳥が来ましたよ!

20160113-1.jpg
キラリと光る白い眉毛、ツグミのつぐみん初登場!
最近、午前と午後、うちに水飲み(水浴び)にきています。

20160113-2.jpg
2011年幹線道路の中央分離帯で見たのが最後なので、つぐみん自体本当に久しぶり。
ていうか、こんな至近距離で見たの初めて…。
両翼がだらんと下がっていますが、これはツグミの特徴のひとつなんですってね。

20160113-3.jpg
こうやって見るとほんとにだらんとなっててちょっとビビる。
小鳥でこんなんになってたら、まず病院コースです(折れてる)。
弛緩が過ぎますよつぐみん。

ところでツグミといえば、漫画「とりぱん」でリンゴの皮を嬉しそうに食べるエピソードでおなじみです。
我が家でも、つぐみんのために水場の近くにリンゴの皮を置いてみました。
一見ゴミが捨ててあるみたいです。
でもとりぱんでは、新品リンゴには目をくれずリンゴの皮にまっしぐらだったので、信じて置きました。
もう3日経ちますが、つぐみんどころか誰にも食べられていません。
たぶんみんな「なんだゴミか」と思っている気がします。
おわり。

トーテムポール

この中に鳥がいます。見えるかなー。
なんせ向かいの山の中なんで。

20150401-1.jpg

おお、カケス!

20150401-2.jpg

飛んでるときの背中と羽根の模様、すごいな!
背中はくっきり茶色!
ブルーの部分から数枚だけ出てる白い羽根!
トーテムポールか!

20150401-3.jpg

もうこれ以上拡大できない…。
あの青い部分の羽根は、実は青と黒と白がグラデーションのストライプ状になってるんだよね。
欲しいなぁ。山の中に落ちてないかな。
8月がカケスの換羽期らしいので、それまで向かいの山にいたら探しに行こうかな。

20141213-4.jpg

いつ見ても頭部分はキカイダー01みたいで怖い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。