ヒナヒナ小鳥ちゃん(完結編)

ヒナヒナ小鳥ちゃん完結編。
完結って言っても、ただ単にこれ以上写真がないっていうだけで、素晴らしいエンディングがあるわけじゃないです。

前回のハ虫類写真から1週間。
まだらのだんだら顔がどうなったかと言うと、こうだ。

0910052.jpg

うん。ヅラっぽい。かなりヅラっぽくなっちゃった。
黒いヅラをね、パカッと被せられたみたいになっちゃった。

個人的にはパンチョ伊東だなと思ったんですが、まぁ今流行のテクノカットと言えばそう見えないこともない。
どちらにしても年頃のムスメさんがする髪型じゃないです。

でもね!でもね!全身のシルエットはもうオトナですよ!
ご覧下さい!

0910051.jpg
フフフ、アタシももう一人前ね…。

どうですこのスラリとした魅惑のボディーにピンと伸びた尾羽。
まごうことなき文鳥スタイルが完成しています。

でも頭はヅラ…。






 パンチョスタイルは桜文鳥の運命なんだぜ。
↑そうか、パンチョDNAの後継者なんだな…って方はクリックお願いします♪↑

ヒナヒナ小鳥ちゃん(その3)

ヒナヒナ小鳥ちゃんの続きです。

あ、ヒナ時代の記事をカテゴリーにしてまとめました。
ヒナヒナ時代

ええ、お察しの通り連休と言っても、とりたてて予定がある訳ではないのです。
つかね、シルバーウィークって何よ。
最初敬老の日に合わせて「老人をいたわる週間」みたいなのだと思ったじゃない。
したらゴールデンウィークと対になってるんですって奥さん。
wikiによると「ハッピーマンデー制度により敬老の日が9月第3月曜日となったため、2009年、2015年には秋分の日(9月23日)の前々日である9月21日が祝日となり、間の9月22日が国民の休日とな…」

どうでもええわ!

すみません、ほんとどうでも良かったですね。
さて気を取り直して小鳥ちゃんです。
前回から更に2週間。
生後3ヶ月くらい?ですかね。
なんせ鳥屋さんが全てにおいて完全にウロ覚えなので、小鳥ちゃんの誕生日とかよく分からんのですよ。

0909192.jpg
体中がかゆいわ…。

この中途半端な生き物はなに!
尻尾の羽根は2枚。
風切り羽根はヘンな長さ。
色は…色は何色?これ。なんかごちゃ混ぜになってるー…。

つか顔!どうしたの顔!

0909191.jpg
ん?なぁに?

「なぁに」とかかわい子ぶってもダメ!
黒と茶色と白がまだらのだんだらになってるわー!
なんかこういうハ虫類(トカゲ)見たことあるような…。
ああ小鳥ちゃん、立派な桜文鳥への道は険しいね。

でもまぁ考えてみればペンギン様のヒナ→成鳥の途中も、アフロヘアみたいになってたり、「ちょっと!体にホコリの固まり付けてどこ行くの!」みたいになってたり、そりゃあもうひどいかひどくないかと言ったら、完全にひどい!みたいな時代がありますのでね、小鳥ちゃんのこの状態もそれに比べたらまだマシかなと思います。

そんな訳でヒナ時代は次回完結(たぶん)。





 あの時期のペ様は本当に完璧なアフロだわね。
↑ちなみに目も据わってるよねーという方はクリックお願いします♪↑

ヒナヒナ小鳥ちゃん(その2)

さぁ今日もヒナヒナ小鳥ちゃんのコーナーが始まるよー。

まずは基本形。

090825.jpg
幼鳥幼鳥。

で、前回でちょっと肩口なんかから白い羽根が生えてきてて、なんか頭もうっすらと黒っぽくなってきてるような…って感じだったんですが、

基本形から2週間でこれ。

0909113.jpg
えっへん。元気になったんよ。

胸がものすごく白くなってきてます。
あと、肩口の風切り羽根もだいぶ伸びてきました。
正面から見ていると、まぁちょっとずつちょっとずつね色が変わってるね、という感じなんですけど、後ろから見ると

0909112.jpg
モヒカンっぽい…

後ろ頭が確実に黒です。
しかも全部がいっぺんに黒くなってるんじゃなくて、前から後ろにかけてモヒカンのようにぱっかりと色が違ってきています。
なんか、笑えるよ、小鳥ちゃん。

まだ続きます。






 キーーッ!アンタの子供時代の写真も晒すわよ!
↑それはやめて欲しいって方はクリックお願いします♪↑