テッペンカケタ…

前回のフクロウの件でご協力頂いた方、ありがとうございました。
あの時点での目標署名数はすぐに達成し、現在はそこから1万人(!)増やして35000人目標で活動を続けているようです。
目に見える進展はないようですが、報告を読むといろいろと活動範囲が広がっている様子なので、今後も引き続き見守っていきたいと思います。

さて、現在の我が家の周りはというと、新緑生い茂る季節になり、向かいの山はもちろん自庭もちょっとした森的な感じになってまいりまして、そうするとどうなるかというと、鳥の声はすれども姿は全く見えずという、まあ私のようななんちゃって鳥見人にとってのオフシーズンに入ったわけです。

鳴き声はね、するんですよ。
この間のアオバズク(ホーホー、ホーホー)を始め、聞き取れただけで
・フクロウ(ホッホー、ゴロスケホッホー)
・ホトトギス(テッペンカケタカ、テッペンカケタカ)
・コジュケイ(コッチャコイ、コッチャコイ)
・カッコウ(カッコウ、カッコウ)
・ウグイス(ホーホケキョではない鳴き声)
他にもなんか分からんけど珍しい鳴き声が聞こえています。

姿は全く見えません!

ちなみに括弧の中の謎の文字列は鳴き声です。
「聞きなし」といって、動物の鳴き声なんかを人間の言葉(発音)に置き換えたものです。
先に聞きなしを見てから聞くと、もうそうとしか聞こえない…みたいになるので面白いです。

私はとくにホトトギスの「テッペンカケタカ」が大好きです。
最初めっちゃ元気良く「テッペンカケタカ!テッペンカケタカ!」って鳴いてるんですが、だんだん元気がなくなってくると
「テッペンカケタカ…」
「テッペンカケテタカ…」
「テッペンカケタ…」
「カケタ…」
「コンナナッチャッタ…」
みたいに、なにかのてっぺんが欠けたことによって超ガッカリしている感じに展開していくんです。
まじで!

最後の「コンナナッチャッタ…」は、最初主人が「そうやって鳴いてた!」って言い出したとき「えー聞きなしにも程があるわー」と思ったんですが、聞いたら本当に「コンナナッチャッタ…」って鳴いてたのでひっくり返りました。

まあ文字で書いててもラチが開かないので、動画貼っておきます。
写真もないしさー。
この動画のホトトギスは「テッペンカケタ!」と鳴いてますので、いわゆる「断言型」ですね。
いいですか、聞きなしは「テッペンカケタ!」ですよ。
ではご覧下さい。



いやあ綺麗な声で鳴いておるわ。さすが♪鳥くん動画。
あっ、♪鳥くんっていうのは、さかなクン的な立ち位置の鳥にめっちゃ詳しい人です(鳥型の帽子もかぶってる)。
ふざけた名前ですが、あのBIRDERにも寄稿したりしてるマジな人です。
スポンサーサイト

ミミズク・アオバズク・フクロウ

20150424.jpg
これはミミズクです。だいーぶ前に静岡の花鳥園で撮りました。
ほんとはもっとカッコいいんですが、こんな超もっさりした写真しか撮れてませんでした。
なんだこのフォルム!
あと足すっげえ!

最近、向かいの山から夜になると聞こえてくる鳴き声。
うちの近所で聞こえてくる鳴き声といえば、例の「ギャーーー!」という悲鳴がおなじみですが、そんな怖いやつじゃないです。ていうか、夜あれが聞こえてきたらもう通報です。
そんな情緒ない鳴き声ではなく、もっと落ち着いたやつです。

ホー、ホー。ホー、ホー。

ここに引っ越してきて早4年、初めてリアルに聞きましたよ夜に鳴くフクロウの声。
フクロウというか、たぶんアオバズクかな。愛知県の県鳥だし。
青葉の頃に飛来するからアオバズクなんですって(ちなみにズクは古語でフクロウの意味)。
それにしても何という良い声!
適度に低くしっとりしていながら静寂の中かなり遠くまで響き渡る太さ。そしてリズム感の良さ。
ずっと聞いてたらたぶんかなり安らかに眠れると思う…。
まぁ姿は全く見えませんしたぶん一生見つけられないと思うので、冒頭のミミズクの写真でごまかしておるわけです。

でも、今日はそんなほっこりした話題で終了ではないのですよ。
朝、かなり衝撃的なニュースを見ました。

【Change.org】パチンコ店という劣悪な環境で、フクロウ達を見世物展示することを廃止し、適切な環境へ戻してください。

リンク先は署名サイト「Change.org」です。
札幌のパチンコ店の店内で複数のフクロウが見せ物的に展示されていて、飼育環境が劣悪なため廃止して欲しいという内容です。

はぁあああ?パチンコ屋でフクロウ???
あの、ちょっと立ち寄っただけで騒音で耳が遠くなりタバコ臭で鼻が効かなくなり派手な点滅ライトで目もおかしくなるというパチンコ屋で生体飼育?しかも夜行性のフクロウ????

意味が全然わからん…。

パチンコ店側は

「現在、展示スペースはお客様からの評価も高く、パチンコという非日常空間の中で癒し効果のある居心地の良い場所を提供するという弊社の姿勢を評価頂いているものと考えております。」(キャンペーンの進捗より)


と返答してるらしいんですが、

パチ屋に癒しとか居心地とか関係ねえだろ!
パチ屋に求められてる癒しと居心地なんて、玉バンバン出すことだけ!
フクロウ全く関係ない!やめて!

めったなことでは署名とかしないんですが、この活動には賛同します。
目標が25,000人で、あと7,800人まできています(今日だけで2,000人くらい増えてる)。
署名には名前とメールアドレスが必要なので、無理にとは言いません。
署名が集まっても拘束力はないので、何も変わらないかも知れません。

でも、もし良ければご協力お願いします!

アメリカの派手野鳥

私の友人がこの夏からアメリカに引っ越したんです。
で、メールでやりとりしてるんですが、うちに青い鳥が来てるんだよーと報告したら、
「青い鳥いいなぁ、こっちは真っ赤な鳥をよく見るよ。それがサングラスかけてる悪いやつっぽい顔なんだよ…」
と言ってましたが、それはこのお方ですね!

201312191.jpg
(画像はphotobucketからお借りしました)

カーディナルという鳥です。
アメリカでは超メジャーな野鳥で、野球チームの名前にもなっています。
全身赤くて目の回りが黒くて、確かにサングラスをかけてるみたいな不良の顔!

しかしこんなに目立つ鳥がその辺にいるなんて、日本ではちょっと考えられないですよね。
日本でメジャーといえばまぁスズメですからね。米国代表カーディナルvs日本代表スズメと考えると、ほんとそのまま国民性を現してる感じしませんか。

うちの可愛い姪っ子がワイハで撮ってきてくれた写真にも写ってました。

201312192.jpg

これはレッドクレステッドカーディナル(日本語に直訳すると赤トサカカーディナル)という種類で、アメリカからハワイに連れてこられて居着いたやつです。
こんなんも野生でウロウロしてるとか。
つうか、観光客が喜んで餌をあげちゃうので、めちゃめちゃ人慣れしてるらしい。
そりゃ、こんな派手っちー子がこんな顔して寄って来たら喜んで餌やっちゃうわな…。

201312193.jpg

これはお馴染み文鳥様。これもハワイにいる野生です。原産国のインドネシアから1960年代頃に連れてこられたらしいです。
ハワイには野良文鳥がいっぱいいるんだよなぁあああ!行きたいなぁハワイいいいい!文鳥見るためだけに!
よくみると体がすごくグレーですよね。これは並文鳥(なみぶんちょう)というオリジナル文鳥です。
うちの小鳥ちゃんとか、日本にいるのは桜文鳥(さくらぶんちょう)という品種で、白文鳥との掛け合わせで作られているので、胸の辺りに白い羽毛が混じっているのです。それが桜吹雪に見えるってことで桜文鳥。まぁ素敵!

ちなみに日本でお馴染みのヒヨちゃんですが、日本ではめっちゃ見れますが海外ではほとんど見られないので、外国のバーダー達あこがれの野鳥なんだそうです。
わざわざヒヨちゃんを見に日本まで来る鳥マニアもいるんだとか。
ヒヨちゃんすげえ。
ごめんよいつも「なんだヒヨか」扱いして。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。