小鳥ちゃんのザバーッ

小鳥ちゃんが鬼可愛いのは周知の事実(主に我が家で)なんですが、この人ねものすごい行儀悪いんです。

とにかくご飯の食べ方がひどい。
セレブリティー文鳥略してセレ文なものだから、好き嫌いが激しくて嫌いな物は絶対食べない。
食べないだけならまだしも、餌箱から嫌いなやつを捨てる。
捨てるといっても摘んでポイッと捨てるんじゃなくて、ほんともうねザバーッと捨てるんです。
クチバシでね、餌箱をザーッと引っかき回して大量に捨てて、食べたい実が見つかったら摘んで食べる。
なんというか、小を取るために大を捨てるみたいな感じなんです。
もう豪快に捨てちゃう。
飽食にも程がある。
ひどい。
この時期の殺気だった野鳥さん達に見つかったら、ボコボコにされますよほんと。

で、そのザバーッがどれくらい酷いか世界中に公開してやろうひひひと思ってね、今日はご飯の時間中ずっとカメラで録画してたんです。
この人いつも夜ご飯の時に確実にやりますからね、もう今日撮ってアップしてやろうと思って。
そしたらまさかの「ただのお食事風景」ですよ。
全然ザバーッてやらないの。
ただ普通にモグモグ食べてるだけ。
皮付きの皮は捨てますけどね、ザバーッの気配なし。
うそーん。録画されてんの分かっててお行儀良くしてんの?マジで?

結局最後まで捨てずに食べ、「ピッ」と何か捨てぜりふを残して飛び去りました。
何と言ったんでしょうね。恐らく「バカめ」でしょうね。

前々から天才だとは思ってましたが、まさかここまでジーニアスだったとは…。
小鳥ちゃん恐るべし。

110122.jpg
勝手に撮影しないでよね!肖像権の侵害よ!




 撮影後スタッフがおいしく頂きました。




スポンサーサイト

豆苗の自家栽培。

小鳥ちゃんは豆苗が大好きです。
食べるのももちろん好きですが、小鳥ちゃんは豆苗で顔を洗うのが大好きです。
小鳥ちゃんが豆苗で顔を洗う件については(前にもちらっと書いたのですが)全くもって文章では説明できません。
とにかく豆苗に頭を突っ込んで顔を洗うのです。
いつか動画に収めて皆さんにも確認して欲しいと思っているのですが、いかんせん人間共が朝ご飯を食べている隙を狙って洗顔なさるので、一向に現場を押さえられません。

そんな重要アイテム豆苗を、自宅で育ててみることにしました。

文鳥飼いなら恐らく誰もがご存知の文鳥屋さん(文鳥飼育用品販売店)で、豆苗の豆が売っています。
前々から主人が「豆苗を自家栽培したい!」と言っていたのですが、豆苗はまぁ買っても100円くらいのことなのでスーパーで調達していました。
でもねー、なんか最近うちの近所のスーパーの豆苗がねー、品質は落ちて値段は上がるというよろしくない感じでねー、この機に自家栽培に挑戦してみたわけです。

1012161.jpg

豆を水に付けた状態で暗室(台所の流しの下)に置いて3日、ばばばっと根が出てきました。

以下日記から抜粋(ちゃんと途中の写真もあるんだけど、いちいちいらんものが写っていたので省略しました)。
Day4 根がぎゅうぎゅうに伸びてきた。
Day5 芽が上に向かって伸びてきた。底上げした。
Day6 すんごい背の高いやつがいる!
Day7 みんな背が伸びてきた!
Day8 暗室から窓際の明るいところへ出した。
Day9 すぐに葉っぱが緑になった。
Day10 立派になったけど、まだ葉が閉じてる。
Day11 本物だ。
Day12 明日小鳥ちゃんにあげよう。

1012162.jpg

これが13日目の様子。
いっぱしの豆苗がもっさり育ちました。
スーパーで売ってるのと全然遜色ない感じです。
さらに文鳥屋さんの豆は無消毒とのことなので、とても安心です。
豆苗の自家栽培はほんとうに簡単だということが分かりました(お手入れは、毎日水を替えてあげるだけ)。
今後は時期をずらしながら複数畑育てて、ローテーションで新鮮豆苗を収穫する計画です。
きっと小鳥ちゃんも喜んで顔を洗ってくれることでしょう!

ちなみに、あたかも私が育てた!みたいな感じで書きましたが、豆苗の面倒をみているのは主人です。
ありがとう、豆苗大臣。




 オレは豆苗はちぎって捨ててたぜー。



ハバキのお薬

やっ!どうもどうも。
小鳥ちゃんが私にベタベタしてきます。
仕方ないので私もベタベタし返してます。
そうやって1日が過ぎて行きます。
困ったなぁ、ああ困った。うふふ。

昨日、小鳥ちゃんを病院へ連れて行きました。
定期検診&爪切りです。
おかげさまで病気などなく内臓もキレイなもんなんですが(何度も言いますが、鳥様はお腹の辺りの羽根をかきわけると、内臓が丸見える。お腹の皮膚が超薄くて半透明だから)、今回ハバキがなかなか取れないということで、お薬を処方されました。

ハバキというのは、鳥の足の皮膚(古い角質みたいなもの)が新陳代謝によって剥がれやすく盛り上がってくる状態のことです。
普通に健康な鳥様だと、盛り上がってきたなーと思ったらペロンとすぐ剥がれてしまいます。
でも小鳥ちゃんは虚弱体質で、新陳代謝もあんまり活発じゃないので、ハバキが盛り上がったまま一向にはがれないのです。
もう何ヶ月もゴワゴワした状態です。
本当は自力で剥がれて欲しいところなのですが、先生によると最近は体にほとんど負担のかからない良いお薬があるということで、あげてみることにしました。

そのお薬は「肝代謝改善剤」というもので、肝臓の働きをちょこっと助けるものだそうです。
人間でいえばサプリくらいの軽めのお薬なのですが、それでも小鳥ちゃんのような体質には効果てきめんらしい。
新陳代謝を活発にするので、換羽の時にだけこのお薬をもらいにくる飼い主さんもいるそうです。

でね、このお薬ね、液体なんですよね。
小さい目薬のような容器に入っていて、朝と夕に一滴ずつあげなきゃいけない。
普通、こういう液体の薬を鳥様に与えるときは、鳥様をがっちり掴んで動かないようにして、クチバシの合わせ目にポトリと垂らすのが定石なんです。
しかしこの「がっちり掴む」というのが問題で、小鳥ちゃんなんか気が強いもんだからそりゃあもう暴れるのなんのって、めちゃめちゃ暴れるんですよ。
暴れすぎて、どっか骨でも折れるんじゃないかと思うくらい。マジで。
だから今回も液体と聞いて「ああ…また保定か…」と若干憂鬱な気持ちになっていたのです。

で、病院で先生が「今1回分あげて行きますか?」って言われたのでお手本を見せてもらったら、ちょっと先生どんだけ上手なのよ。
パッと掴んでチュッと垂らしてハイおしまい。
小鳥ちゃん自身も何が起きたのかよく分からないまま終了です。

ははーさすがだなーと思っていたら、小鳥ちゃんがね、あむあむしてるんです。
なんか薬の味をね、口の中であむあむして反芻してるんです。
その時あれ?っと思って、夜にね、保定する前にお薬を主人の指先に一滴垂らして小鳥ちゃんに差し出してみたんです。
そしたら自分で近寄ってきて、チューって吸うじゃないですか!

なにこの子天才!

100424.jpg
ちゅー。の図

いやまぁただ単に、お薬が小鳥ちゃんの好きな味だった、というだけなんですけどね。

でも、薬を自分で飲むなんて、偉くないですか。偉いですよね。偉いですよ、ええ!
ていうかね、今デジカメの電池切れてて携帯カメラなんで、こんな写真でほんとすいません。

1004243.jpg

はぁ~~~小鳥ちゃん、かわいすぎるだろう…。
換羽で顔中ハゲ上がったんですが、眉毛も無事復活しました。






 オレのハバキはすぐ終わったぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。