小鳥ちゃんの愛し方

まぁ、小鳥ちゃんが可愛すぎるからしょうがないんですけど、小鳥ちゃんを愛でている時に可愛さ余って小鳥ちゃんを食べてしまうことがあります。
文字どおり小鳥ちゃんの頭をすっぽり口の中へ入れてしまうんですが、小鳥ちゃんはいつも慌てず騒がず「ふーん」みたいな態度です。
小鳥ちゃん!野生の本能はどうなってるの!食べられてるのになにその余裕!牙を抜かれた狼か!いや牙を抜かれた小鳥か!もともと牙なんかねーよ!

あとは頭の羽根を撫でつけたりクチバシをつまんだり両手の中に押し込めたり無理矢理チューしたり、毎度小鳥ちゃんにとってはかなりうっとうしいことをしてるのですが、いつもまぁまぁ受け止めてくれます。
でも、気分によっては「ピャッ!」と一声鳴いて飛んで行ってしまうので線引きがなかなか難しいです。

本当にもう小鳥ちゃんが可愛くて可愛くてあばばばばばとなってしまってる我が家ですが、ひとつ注意していることがあります。
それは「人前では毅然とした態度でいる」ということです。
時々、人目も憚らず子供を溺愛しているお父さんなどを見かけることがありますが、全くもって小鳥ちゃんを溺愛する自分を見ているようで恥ずかしいです。
この間お父さんが我が子の耳に噛み付いているのを見たときは、ああああぁぁ人前ではちゃんとしよううううとなってしまいました。
そんな私の中の「毅然としている人ナンバーワン」はなんといっても波平です。
波平みたいに「これ、小鳥。そこに座りなさい」などとビシリと言いたいものです。

090731.jpg
はぁ?座れだぁ?誰に向かって物言ってんの?







 ランキングに参加しています。良ければクリックして下さいね。
関連記事
スポンサーサイト

セレ文小鳥ちゃんとトウモロコシ

小鳥ちゃんががっついています。

初めてトウモロコシをあげてみました。
シーズンなのでやっすいんですよね。
まずは一粒。はいどうぞ。

すごく警戒しています。
ていうか、食べ物かどうか分からないみたい。

じゃあ皮をむいて、私が食べますよー(食べる真似)。

すると口元まで飛んできて、「なにそれおいしいの!」とばかりに自分も囓ろうとします。

やっぱり食べるんじゃん。はいどうぞ。

かみかみ。
・・・。

(ハッとした顔になった。たぶん何らかのシナプスが結合した)

粒だと食べにくそうなので、輪切りトウモロシをあげてみました。

めちゃくちゃがっついて食べ始めました。
これこれ女子がそんなにガツガツ食べないの。
ああ、クチバシに皮がついてますよ。どれ、取ってあげましょう。

ギャアアアルルルルルルルル!(小鳥ちゃんの怒りの声)

今まで聞いたこともないような怒鳴り声で怒られました。
たぶんおいしいトウモコロシを取られると思ったようです。
びっくりした。ていうか、引くわ小鳥ちゃん。
なにその声。荒野のならずものですか。ひげボーボーですか。

それ以来、穀類はあんまり食べずトウモロコシばかり食べています。
栄養的にはどうなんでしょう。
しかも最初は、輪切りの端から端まで全部キレイに食べていたのに、最近はものすごい適当に食べ散らかしています。
なんという飽食家。
セレブリティー文鳥、略してセレ文。

ギャアアアアアルルルルルルルルルウウウ!

くだらないことを言ってるヒマがあったら、トウモロコシ切ってこいと言われました。

090729.jpg
粒の真ん中のおいしいところだけ頂くわ。あとは捨ててちょうだい。





 ランキングに参加しています。良ければクリックして下さいね。
関連記事

がんばれテレビ君

  • Day:2009.07.26 18:18
  • Cat:雑記
うちのテレビの話。

私のかすかな記憶によれば、このテレビを買ったのは10年以上前。
しかもその時すでに中古だったので、もはや今何年選手なのか全く分からない。
そんなロートルテレビ君の話。

思えばその半年以上前から、この人(テレビ君)は調子が悪かったのです。
人物が二重になったり、赤色がショッキングピンクみたいになったり、肌色が真っ赤になったり。
キレイな女優さんとかが上品に喋ってるのに全身真っ赤人間になってる図というのは、それはそれで面白かったのだけど、さすがにものすごく目に悪そうなのでテレビ君買い換え貯金を始めました。
そしたらある日、突然画面がぐにゃぐにゃになったかと思うと、一瞬暗くなって次に映ったらノイズだけになってました。
びっくりしてテレビを消し、もう1回つけたけどダメ。
音は出てるのに、画面が全面ノイズ。
何かが動いているのは分かるのだけど、それがなんなのか全く分からない。
そのまま呆然とつけたり消したりしたけど復活する気配はなく、ああこりゃ本格的に逝ったなとリモコンをそっと置きました。

しばし家族会議を開き、じゃあ明日いよいよ新型テレビを買いに行こう!薄くて大きくて画面が超キレイな最新型を我が家にお迎えするのだ!とひとしきり盛り上がった後、壊れたテレビ君にさようならを言おうと思い、再びテレビの前に座りました。
でもその時ちょうどボクシングの試合がやっていたので、音声だけでも聞こうと再びテレビをつけたら、どうやらものすごく白熱した場面っぽい。
うおおお何か分からんけど、ものすごく盛り上がってるー!!!
見たい見たい何が起こってるのか、めちゃめちゃ見たいー!!!
余りの画面見たさに腹が立ってきて、なんでこんな大事な時に!とテレビ君の脇腹を平手で張り倒しました。

映った。
内藤を投げ飛ばす亀田2号が映った。

衝撃的なシーンに遭遇したことより、叩いたらテレビが直ったことの方にびっくりしてしまいました。
しかも、叩いて直ったテレビ君はブレもハレーションもモアレもなく、前よりキレイな映像になってました。
なんですか?
テレビって、叩いたら本当に直るんですか?
そういう話はよく聞くけど、都市伝説だと思ってました。
なんかの接触?それともテレビ君の気合い?体罰による更生?戸塚的な仕組み?

あれから早2年。
テレビ君は、時々映らなくなる→平手打ち→復活、を繰り返しながら、まだ我が家で稼働しています。
壊れそうで全然壊れない。
嫌いとみせかけて好き、みたいな。
ダメならダメでいいからいっそのこと、ブツンと画面が真っ暗になって音も出なくてちょっと動かしてみたらネジの3本や4本コロコロと転がってきて煙がモクモク出て欲しい。
それくらい壊れて欲しい。
でも壊れない。
切ない。

ではここで、自作の歌「切ない気持ち」をお聞き下さい。

ああ~あなたはなぜ壊れないの~
なぜぐにゃぐにゃになったり直ったりするの~
このままじゃわたし~
新型テレビ君と出会えない~
でもあなたのことも好き~
テレビ貯金はいつまで続ければいいの~
いろいろ切ない気持ちの交差点(スクランブル)~

以上です。






 ランキングに参加しています。良ければクリックして下さいね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。