さようなら2009

いよいよ今年も終わりですね。
今年はいろんな方に仲良くして頂いて、嬉し楽しかったです。
こんないい加減極まりないブログに遊びに来て下さった皆さま、本当に有り難うございました。
その一方で、悲しいお別れも多かったように思えます。
人生須く出会いと別れの繰り返し。
考えさせられることの多い一年でした。

とまぁしけた事言っててもあれなんで、景気の良い画像でも貼っちゃいますか!

091231.jpg
どよーん…

動物園で見かけたコサギ(野性)が超寒そうで、思わずシャッターを切ってしまいました。
背景の池の黒さといい、風が強くて羽根の乱れた様子といい、ボートの寂しさといい、これ以上ないくらい枯れた1枚になってしまいました。
でも、相変わらず動物園で野性動物ばっかり撮っている点は棚に上げて、一言いわせて下さい。

シロサギという名前の鳥はいないんだーーーーー!!

白いサギをまとめてシロサギと呼んでいるわけであって、「シロサギ」というサギはいないのです。
うさぎでいうなら「シロウサギ」、犬でいうなら「シロイヌ」、ヘビでいうなら「シロヘビ」、そんな立ち位置なのですよ「シロサギ」は。
ちなみに白いサギは、大きいやつが「ダイサギ」、中くらいのやつが「チュウサギ」、小さいやつが「コサギ」という名前です。
なんなのその適当な名付けは…。
今年最後の鳥マメ知識でした。

こんな感じで大したことも書けませんが、また来年も宜しくお願いしますね。
みなさん良いお年を!





 今年はお世話になりました。来年も夜露至区!
↑小鳥ちゃんも換羽がんばってねーって方はクリックお願いします♪↑

関連記事

武士の一分、みました(ネタバレしてます)。

そういや2日くらい前にやってましたね、「武士の一分」。
「武士の一分」と言えば、主演:文鳥様・助演:木村拓哉でおなじみなんですが、恥ずかしながら不肖コトリ子、ロードショーの時は見てなかったんです。
そのくせポスターや公式サイトを見てはいちゃもん付けてたんですけど、今回やっと見ましたよ!はい!

あーーーーー放してたねぇ最後。
木枯らしピューピュー吹きすさぶ寒空の下、カゴに手突っ込んでムンズと文鳥様を掴み、そのまま大空に放ってたねぇーーー。

死ぬわ!すぐ死ぬわ!
あんな寒い時期にいきなりカゴから放たれた南国生まれヌクヌク育ちの文鳥様が、生き抜けるわけないでしょうが。

つか、そもそもその前にペアの片方死なせてるからねこの人。
いくら目が見えないからって、毎日縁側に座って文鳥の鳴き声に耳傾けてた(設定の)人がさ、片方死んだことに気付かないってどういうことよ!

そんで文鳥放してカゴ燃やしてさ、自分はセンチメンタルでいいよね。
そんで思いがけず離縁した嫁が戻ってきてさ、おまえの煮物の味は忘れんよとか言っちゃって、いいよねそりゃ幸せだよね。

しかし、言うにことかいて「また小鳥を飼わなくてはなぁ!(笑顔)」ってなんじゃい!
おまえさっき自分で鳥捨ててたやん!
小鳥の命もてあそぶやん!
やめて!小鳥のこと軽々しく扱うのはやめて!

という感じでね、すっかりキムタク及び山田洋次にがっかりしてしまいました。

ちなみに出てきた文鳥様は、はっきり見えなかったんですけど、やっぱりシナモンっぽかったです。
某映画批評では「リアルに徹底的にこだわった作品」と高評価だったんですけど、シナモン文鳥は江戸時代にいねぇよ!という辺りのリアリティーはどうでも良かったみたいです。

こんなこと書いてから言うのも何なんですけど、うちの母は泣きながら観てたらしいですよ。
非常に良い映画だったと感動していました。
もし宜しければ皆さんもどうぞ!(棒読み)




 飼い鳥は案外カゴの中で幸せ感じてるんだぜ。
↑自由が幸せとは限らないんだねぇ、って方はクリックお願いします♪↑

関連記事

小鳥たちが来ない理由が分かりました。

分かりました。
うちの前の空き地に全然鳥が来なくなった理由が、分かりました。

それは2~3日前の出来事です。
その日はヒヨが来て、キャアキャア騒いでおりました。
みかんがなっている木があるので、それを食べようと思っていたのかもしれません。
すると突如上空からシュッと黒い影が急降下してきました。
そして枝に止まるとキィーッキィーッと甲高い声で鳴き始めました。
その声を聞くやいなや、ヒヨは鳴きやみそそくさと空き地を立ち去りました。

あとに残ったのは勝ち誇ったこいつの姿だけ。

091228.jpg

モズ夫ーーーーーー!!!

おまえかおまえかおまえがここに陣取って小鳥をおいだしていたのかおまえがおまえがおまえが。

さすが猛禽。
体は小さいですが、いじわるさと気の強さは一人前です。
その後も観察していましたが、ヒヨだけでなくメジタンやスズメなんかにも威嚇しまくり追い出しまくりでした。

くそう…。
去年はいろんな小鳥が来て、それはそれは小さなバードパラダイスだったのに…。
いつの間にかモズ夫が縄張りにしてしまって、この惨状(ザマ)ですよ。
モズ夫め!モズ夫め!

昨日なんてね、空き地の手入れに来たおじじに向かって威嚇してましたからね。
土いじりしてるおじじのめっちゃ至近距離でウロウロしてましたからね。
モズ夫、どんだけ気強いんだっつう話ですよ。

ああー、モズ夫めー。
でもモズ夫もやっと手に入れた縄張りなんだよなー…。
悲しいけどこれ戦争なのよね。
こんな条件の良い空き地とか、この辺にはあんまないもんね。
しょうがないから、モズ夫の留守に一瞬休みにくるメジタン達を見て、心癒したいと思います。





 一方私はまた換羽に入って羽根がボロボロよ!
↑小鳥ちゃんって結構いつもボロボロだよね?って方はクリックお願いします♪↑

関連記事