Rohan au Louvre(岸辺露伴 ルーブルへ行く)

  • Day:2010.05.28 10:57
  • Cat:
この間ね、主人がPCに向かいながら「この人ブログやめちゃったんかなぁ」と呟いてました。
「どれどれ?」と覗き込んだら、まさかの私のブログでした。

やめてません!
気持ちだけは!
行動が伴ってないですけど!


今日はまたジョジョネタです。
この本買っちゃったぁあ。

Rohan au Louvre Hirohiko Araki (著)

洋書です。邦題は「岸辺露伴 ルーブルへ行く」。
内容はこんな感じです(アマゾンより)

荒木飛呂彦氏×ルーブル美術館のプロジェクト『Rohan au Louvre』のご案内
2009年にルーブル美術館にて展示公開された原画をまとめた128ページオールカラーの『Rohan au Louvre』が登場。
『ジョジョの奇妙な冒険』第四部に登場する漫画家・岸辺露伴がルーブルを舞台に活躍するファン待望の1冊。



100528.jpg

表紙はいつもの荒木カラー全開。
裏表紙もすんばらしいアートです。

1005283.jpg

でも中は全部フランス語。
億泰も広瀬君も全員フランス語喋ってます。
くっそー、億泰のくせに生意気だぞ!
ていうかストーリーが全くわかりません。

1005284.jpg

でも「ドドドドド」は日本語。
分かる!そこは分かるぞおおおおジョジョオオオ!
そこだけだけどね。

1005285.jpg

まとめシーン(ジョジョでよくある所謂「解説」的なシーン)もフランス語なので、全然分かりません。
絵を見てなんとか読解しようと思いましたが、ジョジョなめんなよ!
ジョジョらしい伏線とかトリックとかたくさんあって(たぶん)、案の定とりつくしまもありませんでした。
なんか…キレイなおんなのひとが出てきて…ルーブル美術館に行って…スタンドが…おわり…みたいな程度しか読み取れませんでした。
がっくり。

1005282.jpg

でも全ページカラーだからね!
うっとり!
はぁーーーー素晴らしくうっとり!!

根気よく全頁翻訳しようと思ってたんですが、どうやら直近のウルトラジャンプで3回に分けてこの作品(当然日本語版)が掲載されたようです。
たぶん単行本がすぐ出ると思うので、ストーリーはそちらで確認することにしまーす。
ふひひ楽しみ。

今日は以上です編集長。
ではまた!





 私も元気です。
関連記事

シルバーの仕上げ(磨き)の話

やぁやぁ、月が変わりましたね。

今月の作品は、すこやましまこのまぐろさんが超ステキ写真とともに拙作をご紹介下さってますので、そちらをご覧頂けると嬉しいです。
まぐろさん、ほんとに写真上手ですね…。
なにやら高級リングのように見えます。
しまちゃんの頭の上に乗っけてる写真が可愛すぎて激萌えました。
ご紹介頂きどうも有り難うございました!
ではまた来月!

と華麗に退場するつもりだったんですが、まぁそれもあれなんで今日は「すこりんぐ」で磨きのお話しでもさせて頂きましょう。

すこりんぐは先代リングとは製作手法がちょっと違ってて、基本形をワックスで作りそれを鋳造(ちゅうぞう)に出して銀にしました。
ワックスは柔らかい曲線や自由な造形が可能なので、まぐろさんの言う「もったりしたリング」にはこれしかないと思いました。
ワックスの段階で一度まぐろさんに写真でシルエットをチェックしてもらい、そこで多少修正を加え最終的な形を決めました。

で、鋳造から戻ってきたばっかりのシルバーはこんな感じ。

1005041.jpg
なんか錆びた鉄みたいなザラザラ具合です。これはデフォルトです。
これを粗目の棒やすりでガリガリ磨いていきます。

1005042.jpg
ちょっとテカってきました。
でも粗い目が出てて光の反射も一定ではありません。
次に細目の棒やすりで磨きます。

1005043.jpg
少し目が整ってきたのが分かるでしょうか?
真ん中に縦に一筋光の線が見えるようになってきました。
でもまだラインがガタガタなので、次に粗目の紙ヤスリ(ロールサンダー)で磨きにかかります。
ロールサンダーというのはロール状の紙ヤスリです。
モーター内蔵の磨き器にセットして使います。
歯医者さんで「キィーーン」みたいな音のガリガリするマシンがありますよね。
あんな感じのものです。

1005045.jpg
ロールサンダーをかけると一気に目が整ってきます。
一見「もうこれでいいんじゃない?」みたいな仕上がりに感じますが、光の反射に深みがありません。
ですので、次は細かい目のロールサンダーをかけます。

1005046.jpg
輝きに若干深みが出てきました。
鏡面のような光かたまであと一歩です。
この辺の作業は本当に楽しいです。
この後、バフという磨き専門マシンにかけて終わりです。
バフは研磨剤も付けるので、一瞬にして本当にピカピカのツルツルになります。
どれくらいピカピカになるかというと、

例によって写真撮ってませんでした。

なので、すこしまの美しいお写真でご覧下さいませ。
毎度毎度中途半端ですいません。

次こそは!といつも思うんですけど、今作ってるやつも既に全然写真撮ってないことに今気付いたので、次もダメな予感がしますねー。えへへ。
ではまた来月。




 だいたい写真がへた過ぎるのよ。
関連記事