キュビズムとプリミティブアートの合作、つまり何か分からんけど凄いってこと。

  • Day:2011.10.22 22:55
  • Cat:雑記
掛川花鳥園に行ってきましたよ!
行き道またも渋滞に嵌まり込み、1時間半で着く道のりが3時間も掛かってしまって絶望しました。

でも、いやぁやっぱり花鳥園は良いですなぁあああ。
鳥の楽園!ていうか鳥好きの楽園!
今回は、日本中でここだけの「ヘビクイワシのショー」が最前列で観られて、本当に感激しました。
間近で見たヘビクイワシ、素晴らしかった…!
顔は火の鳥そっくりなまつ毛バーンのゴージャス美人、
頭にはフワリと逆立つ冠羽根、
体はグレーと黒でシックにまとめ、
足は膝丈のレギンスがよくお似合いで超長い!
そんなヘビクイワシ嬢のお写真を、最前列で撮ってきましたのでご覧下さい。
ババーン。

とやりたかったのですが、家に帰って見てみたらことごとくぼんやりしていました。
補正してこのレベル…。ぐぬぬ。

1110223.jpg

ヘビクイワシの魅力が全く捉えられていません。
くそう、まぐろさんなら、まぐろさんならきっとなんとかしてくれる…!

という訳で、美麗写真はまぐろんに任せ、私は面白写真をお届けすることにします。
今回花鳥園で衝撃的に出会ってしまったのはこの御方。

111022.jpg

すんごい顔!すんごい顔!(クリックで拡大します)

見た瞬間、「ええええええ」と言ってしまいました。
これもちろんラクガキされてるんじゃないですからね。
リアルでこんなカラーリング&模様なんですからね。
もう自然造形がフリーダム過ぎてビビるわ…。

この御方は「キムネチュウハシ」という、南アメリカ原産のオオハシの仲間です。
オオハシさんは有名ですが、この方は「チュウハシ」というだけあってかなり小さいんですよ。
ハトよりちっさかったな、ヒヨドリくらいかな。
体は小さいのに、カラーリングでものごっつ自己主張してて、その辺もすごく可笑しかったです。
説明書きに「名前の通り黄色い胸をしています」と書いてあったんですが、
ピックアップすんのそこじゃなくね?
一緒に見ていたAさんも、「もっと大事な部分があるよねぇ…」と呟いていました。全くだ。

しかし見れば見るほど奥の深い鳥です。
ここのラインはなんでこんなにラフなのかとか、
ここはなんで黒に塗りつぶしたのか(しかもこの形で)とか、
このギザギザはどうしても必要だったのかとか、
なんでここの黄色がちょっとはみ出ているのかとか、
それにしてもここの水色はかなり良いアクセントだなとか、
んでここにえんじ色を持ってきたのがまた渋いなとか、
もうほとんどピカソの作品を目の前にしたような、そんな感銘を受けてしまいます。

色んな鳥を見てきましたが、こんな不思議なデザイン見たことないわマジで。
オオハシさんも「誰かが描いただろ!」って模様が入ってますが(前に花鳥園で撮った写真)キムネチュウハシさんはなんつうかステージがちょっと違うと思う。
キュビズムの繊細さとプリミティブアートの大胆さが混同する、もはや一つの作品。
この完成度の高さに、しばらく虜になりそうな予感がしますよ。



 お面みたいな顔ね…

関連記事
スポンサーサイト

小鳥ちゃん怖い。

また広告出ちゃった。
毎度毎度頂いたコメントにもお返事できずほんとすいません。

つうかねー今、小鳥ちゃんとの仲がまた酷いことになっています。
1年に1回はあるねこういう時期。
今回は無視されてるんじゃなくて、なんかちょっとよく分かんないんですよね。小鳥ちゃんが何したいのか。

状況はこうです。
小鳥ちゃんがケージから出ると、まず真っ先に「愛してるーーーー!!」みたいな歓喜の鳴き声をあげながら私の所に飛んでくるんです。
そんでね、「会いたかったーー!!」とかなんとかキャッキャ言いながら、ものすごい勢いで噛むんですよね私のこと。
甘噛みとかじゃないですよ、マジ噛み。しかもガブリを通り越してギリリッ…みたいなすんごい噛み方なんです。
もう肉を引きちぎらんばかりに嘴で挟んで捻ってくるわけです。
それが痛いの痛くないのって、痛いに決まってるじゃん!
例えるなら、超ちっさいラジオペンチで力一杯挟まれて更に捻ってきた、みたいな激痛ですよほんと。

まずとにかく指への攻撃がハンパないです。
噛まれると、指にちっちゃいVの字が付いてます(嘴の先の跡)。
「痛いっ!」と思わず振り払おうとすると、一瞬小鳥ちゃんが噛みついたままブラーンとなるんですよ。それくらい完全に噛みついてます。
で、手をグーにして指を隠せば今度は手の平の方に回り込んで柔らかいとこを狙って即噛みだし、手の平を隠せば手の甲(の皮)を、手を隠せば腕(の肉)を、腕を隠せば今度は肩に乗って耳を、耳を隠せば首をって感じで本当に容赦がない。
とにかく小鳥ちゃんは私のことを齧りたくて齧りたくて仕方がないのです。
ちょっとでも肌が出てると、もうそこに飛びついてギリリギリリと噛みついてくるのです。

なんなの!
意味が分からん!
意味が分からんけどとにかく尋常じゃなく痛いしエンドレスで攻撃?してくるので、最近の私のPCスタイルは「手袋」+「長袖」+「頭からタオル」+「ヘッドホン」ですよ。
なんなのこのほぼ畑仕事おばちゃんスタイルは!
自宅なのに外にいる時より重装備ってどういうこと!
手袋してキーボード叩きにくい!
あと手袋してたらiPhone動かない!
いろいろ超めんどいいいい!!!

これで主人にも噛みつくようなら、まぁ換羽とか季節の変わり目でイライラしてんのかもとか思えるのだけど、それは全然なくて私狙い一択。
私が部屋にいなければ、主人の所でおとなしく甘噛みしたり毛繕いしたりほんと可愛い小鳥ちゃんなんですよ。
それなのに、なんで私に対してはヒッチコックの鳥状態なのか。
ほんと意味分からん。

もう私もこんな拷問みたいな日々にほとほと疲れました。
今、小鳥ちゃんのことを愛情込めて「小鳥ちゃん」と呼べなくて、無表情で「鳥」とか呼んじゃってます。
愛してるよ、愛してるけど、ムカつく時だってあるでしょ…。
主人は「またそのうち収まるよ」と言ってますので、早くその日が来ないかなぁと思います。

写真は、iPhoneスタンドになんか良いスペースを見つけた小鳥ちゃん(改め、鳥)。

111014.jpg




 (噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい噛みたい)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。