猛禽現る!

先日、向かいの池のほとりに大きめの鳥が降りるのが見えました。
慌ててカメラで覗いてみると、

来たーーー!猛禽だーーー!
しかも(遠いけど)見やすい場所に落ち着いてる!
前回のアタック25の最終問題状態より全然いい!

20150322-1.jpg
どうですこの堂々としたお姿。
モフモフとした首回り、凛々しいお顔、見るからにブ厚くて力強そうな翼。
くううう!やっぱいいなぁ猛禽は!正にキングオブ鳥類。

20150322-2.jpg
「下々の者たちは元気でやっておるか」

20150322-3.jpg
「何か困ったことがあれば余に言うのだぞ」

20150322-4.jpg
「おおそうか、もう時間か。では旅立とうぞ」

(普段は山のカラス軍団に追いまくられて逃げ回っているとは思えない)威厳に満ちた立ち姿。
けっこう長い間留まっていたので堪能できました。

で、この猛禽はいったい何でしょう。
こんな時は前に買ったBIRDER「極める!!ハイタカ属」で確認だ!

と思って開いたんですが、全然分かりませんでした。
バードウォッチングにおけるタカ類の判定基準って、基本的に飛んでる時用のものなんですよね。
羽根の形とか枚数とか腹周りの模様とかにポイントがあるんで、今回みたいに「止まってまったりしてる」のだと判断難しいんです。
それでなくてもタカ類って違いが曖昧なんですけど。
前回も「たぶんハイタカかオオタカかな…」と言ってましたが、今回も「たぶんハイタカかな…」レベル。

しかしなんでこんなに目が黒く見えるんだろうなあ。
誰なんだろうなあこの人。
関連記事
スポンサーサイト

捨ててた。

だんだん暖かくなってきて、鳥の数も減ってきたように思います。
山に帰って行くってのもあるんだけど、葉が茂ってくるともう鳥が見えなくなるんだよなぁ。

この冬はヤマガラが少なくてシジュウカラが多かったです。
シジュウカラ、好きです!色もいい、形もいい、声もいい。もちろんサイズもいい。

20150317-1.jpg
目がくりくりっとしててつぶらだし、ほっぺが白いのが小鳥ちゃんみたい。
あと、やっぱり濃紺とブルーグレイと黄緑色っていう絶妙おしゃれなカラーリングがすごい。
鳴き声も「ぴちくり!ぴちくり!」っていう、典型的な小鳥っぽさ。

そんな愛され要素満載のシジュウカラですが、この間こんな写真が撮れました。
庭にぶらさげているヒマワリの種入れでの出来事です。

20150317-2.jpg
お、今日も種がいっぱい入ってるな。よしよし。

20150317-3.jpg
これは不味そうだから捨てる。ぽいーーーっ!

20150317-5.jpg
これも不味そうだからいらん。ぽいーーーーっ!

20150317-4.jpg
これは美味そうだからいただいていくぜ!

めっちゃ選り好みしてますやん…。
可愛い顔して贅沢嗜好だな、シジュウカラちゃん。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。