テッペンカケタ…

前回のフクロウの件でご協力頂いた方、ありがとうございました。
あの時点での目標署名数はすぐに達成し、現在はそこから1万人(!)増やして35000人目標で活動を続けているようです。
目に見える進展はないようですが、報告を読むといろいろと活動範囲が広がっている様子なので、今後も引き続き見守っていきたいと思います。

さて、現在の我が家の周りはというと、新緑生い茂る季節になり、向かいの山はもちろん自庭もちょっとした森的な感じになってまいりまして、そうするとどうなるかというと、鳥の声はすれども姿は全く見えずという、まあ私のようななんちゃって鳥見人にとってのオフシーズンに入ったわけです。

鳴き声はね、するんですよ。
この間のアオバズク(ホーホー、ホーホー)を始め、聞き取れただけで
・フクロウ(ホッホー、ゴロスケホッホー)
・ホトトギス(テッペンカケタカ、テッペンカケタカ)
・コジュケイ(コッチャコイ、コッチャコイ)
・カッコウ(カッコウ、カッコウ)
・ウグイス(ホーホケキョではない鳴き声)
他にもなんか分からんけど珍しい鳴き声が聞こえています。

姿は全く見えません!

ちなみに括弧の中の謎の文字列は鳴き声です。
「聞きなし」といって、動物の鳴き声なんかを人間の言葉(発音)に置き換えたものです。
先に聞きなしを見てから聞くと、もうそうとしか聞こえない…みたいになるので面白いです。

私はとくにホトトギスの「テッペンカケタカ」が大好きです。
最初めっちゃ元気良く「テッペンカケタカ!テッペンカケタカ!」って鳴いてるんですが、だんだん元気がなくなってくると
「テッペンカケタカ…」
「テッペンカケテタカ…」
「テッペンカケタ…」
「カケタ…」
「コンナナッチャッタ…」
みたいに、なにかのてっぺんが欠けたことによって超ガッカリしている感じに展開していくんです。
まじで!

最後の「コンナナッチャッタ…」は、最初主人が「そうやって鳴いてた!」って言い出したとき「えー聞きなしにも程があるわー」と思ったんですが、聞いたら本当に「コンナナッチャッタ…」って鳴いてたのでひっくり返りました。

まあ文字で書いててもラチが開かないので、動画貼っておきます。
写真もないしさー。
この動画のホトトギスは「テッペンカケタ!」と鳴いてますので、いわゆる「断言型」ですね。
いいですか、聞きなしは「テッペンカケタ!」ですよ。
ではご覧下さい。



いやあ綺麗な声で鳴いておるわ。さすが♪鳥くん動画。
あっ、♪鳥くんっていうのは、さかなクン的な立ち位置の鳥にめっちゃ詳しい人です(鳥型の帽子もかぶってる)。
ふざけた名前ですが、あのBIRDERにも寄稿したりしてるマジな人です。
関連記事