キングペンギンの瞳

先日、大阪天王寺動物園に行きました。
ひとりで。
ひとりぼっちで。
しかも大雨降ってきた。
傘なかった。
悲しかった。

そんなポエミーな心情はいいんですが、雨宿りのつもりで飛び込んだ先がペンギン舎でした。
折しも飼育員さんがキングペンギンについてのレクチャー中。
ぺんぐりさんの影響もあって、ペンギンをじっくり観察してみることにしました。
まず、ヨチヨチと列になって歩き回る姿は、ずるい!の一言に尽きます。
あんた達分かってやってるんでしょ!可愛いって分かってるんでしょ!と小言のひとつも言いたくなりますが、やはりいいですね。
「可愛いものが嫌いな人がいて?」と世の中に大声で発表したくなるくらい可愛かったです。
しばらく眺めていると、列を離れ一人のキングがこちらへ向かってきました。

0903313.jpg

観客にサービスのつもりか、かなりアップでご尊顔を披露してくれます。
どれどれ、おじさんにそのつぶらな瞳を見せてごらん。

0903312.jpg

ん?
・・・あれ?
・・・え?
・・・なんか・・・
目、怖くない?

明度を調整してみます。

090331.jpg

目、怖いいいいい!!!
藤城清治の影絵みたいに怖いいいいい!!!
思い詰めてる!
ていうか、達観してる!
なんか悟ってる!
静かに世の終焉を見てる!
何か違う次元のものを見てる!

ごめんなさい。
私、ペンギンの目は一様に丸くてちっちゃいもんだと思い込んでました。
まさかこんなにアーモンドアイだったとは。

さらに観察してると、定期的に透明のビニールのようななにかが目頭からシュッと出てきます。
たぶんまぶたみたいなものだと思います。
完全に透明のビニールでした。
もはや宇宙人でした。

というわけで、途中からキングペンギンの目にすっかり捕らわれてしまったので、ペンギンの生態について学習できませんでした。
学んだことはただ一つ。

「ペンギンは動脈の周囲に静脈がらせん状に巻き付いていて、静脈自体も温められているので体が冷えることはない」

なんか分からないけど、ひれ伏したくなりました。



 ランキングに参加しています。良ければクリックして下さいね。
関連記事

Comment

嗚呼もうどうにでもしてよさあさあさあ
…わざと…やってるよね…これルアーだよね…私向けの…


サイコオオオオオだあああああああ寄ってきてるよおおおおこっち見てるよおおウヒャアアアアアアア

いや、もちろんインペリアルPGが大好きなんだけれども、
うん、その、なんだ、キング最高!!目怖!あんたが王様!!さすがは支配者!!もうどうにでもして!目怖!!
頭が真っ黒だからキングのオメメって目立たなくて
そんなしげしげ見てなかったような気もするけれども、
…私ですらちょっと怖いとか思っちゃう。たぶん普通にちょっと怖い子。

丸くてプリチーでちょっぴりオバカと思われがちなPGですが、
本当はトリ界の仙人としてこの世を憂いているのです。
P「今年のイカナゴは不作ですなあ」とか。さすがです。
P「オネエサン傘貸そうか?嘘だけどな」とか。ただのジャイアン。

ところで天王寺動物園に行かれたのならば、
巨大な鳥ドームに行かれましたかしら行かれましたわよね。
あの中に、先日ウチで紹介した『トリは環境をはかるものさし』の
ポスターが貼ってありましたはずですぜ。

あそこ頭上注意ですよね。
>ぺんぐりさん
うふふ、ルアーっていうかね、もうモリでひと突き!みたいな感じよね。狙って撃つ!
でも前だったらこんなにペ様のこと、観察しなかったと思う。
ひとえにぺんぐりさんのせいおかげです有り難う有り難う。

ていうか鳥ドーム!!!
あまりに心が急いていたので、入口も出口もよく見回してなかったぁぁあああ!
あのポスター、天王寺動物園だったのか!ガーン。かなりショック。
全く気付いてませんでした。
あそこの鳥ドーム、頭上にすごいたくさん巣がかかってますね。
広くていいなぁと思いました。

それにしてもキングの目は違うわー。
確認したらフンボルトもイワトビも丸い目じゃないですか。
なのになんでキングだけあんな劇画調の目なの?皇帝もそうなの?
なんかベルセルクで出てきたよね、ああいう目のなんか。
もしくはうしおととらのね、白面とかもああいう目だったね。
まぁなんつうかとにかく目怖!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。