スズメちゃんについての報告

6月中旬にスズメちゃんが巣を掛けたという記事を書きました。
その後、スズメ夫婦の姿は見たり見なかったり、よく分からない感じでした。
なので、コメント欄でひっそりと「放棄されたっぽいです」とか呟いてたんですが。

7月に入って、巣箱の中からものすごく小さい「ニーニー」という鳴き声が聞こえるようになりました。
それとともに親の出入りが頻繁になり、人間が窓際(巣箱の真下にある大きな窓)に近づいただけで「ジッジッ!」と追い払われるようになりました。
主人とも「やっと生まれたみたいだね」と喜んでいました。
最初は「ニーニー」という蚊の鳴くような声だったのですが、何日か後には「チーチー」というヒナっぽい声になってきて、早く大声でギャーギャー鳴くようにならないかなとすごく楽しみにしていました。

でも、ヒナ声は1羽分しか聞こえてきてなくて、そこがちょっと気になってたんですよね。

それが今週の中頃、突然親の姿が見えなくなってしまいました。
遠くから観察していたのですが、今まで10~15分ごとに戻ってきていた夫婦が全然戻ってきません。
しかもその前日、窓の方から親の「ジャッジャッ!ジャッジャッ!」という警告?緊急?とにかくいつもと違う切羽詰まった大声がしばし聞こえてきてたんですよね。

これは、いやな予感…。

翌日も早朝から観察しましたが、もう親は二度と戻ってきませんでした。
重い気持ちのまま意を決して、主人と巣箱を下ろしました。
恐る恐るフタを開けると、中には巣材がぎっしり。
真ん中には丸く空間が作ってあり、まず目に入ってきたのは小さな茶色っぽい卵1個でした。
いるはずのヒナの姿はなく、一瞬主人が「気付かないうちに巣立ったのかな?!」と言いました。
私も最悪の結果を回避できたかも!という期待をほんの少し抱きました。
だけどそれはおかしい…あんな小さい声だったのに、もう巣立ちはおかしい…。
主人もすぐに、でも日にちが合わないなと言い、巣材を巣箱から取り出し始めました。
ごそりと巣材を出すと、底の方に卵がもう1つありました。
それからよく見ると、入口付近や底の隅の方に小さい虫がたくさん沸いていました。
主人が巣箱を開いている間、私は取り出した巣をよく見ました。
大量の巣材に紛れて、小さい小さいヒナが1羽死んでいました。

110717.jpg
カラスの羽根まで飾っていたのに…

このヒナが何で死んでしまったのか、全く分かりません。
何日も続けて強い雨が降り、その後急激な猛暑日が続くという、例年にない過酷な気候のせいなのか、
リビングとバルコニーの出入口真上で、どうしても人間の姿がチラチラするために落ちついて抱卵や子育てが出来ず、放棄してしまったせいなのか、
市販のインコ用巣箱の構造が合わずなにか事故が起きたのか(中に仕切りが2枚あってとても狭くなっているので、巣材を詰め込むスズメの生態には不向きだったかも)、
虫が沸いたことによる病気?もともと病弱な子だった?夫婦が若かったせいでうまく行かなかった?
色々考えられますが、ともかく前日に聞こえたあの親鳥の鳴き声は、死んでしまったヒナへの親の悲痛な呼びかけだったかもと思うと、心が痛みます。

スズメは巣を掛ける場所をよく観察して決める、と聞きました。
なので、こんなに人間が出入りする場所でもいいの?!と最初思ったんですよね。
でも、なんど巣を外してもすぐそこにまた巣を作るので、それならと巣箱を置いたのです。
人間とスズメが一緒に生活できるかも、と期待してしまいました。
主人も私も鳥が大好きで、善かれと思ってやったことだったので、こんな結末になり本当に悲しかったです。
もうスズメの繁殖シーズンは終わりましたが、来年はよく考えないといけないなぁと思います。




 好きでも難しいね。



関連記事

Comment

むずかしいね・・・
原因はわからんけれども。。。
元々すずめって雨戸の戸袋とか人間の気配ありありなとこに巣作るし
環境が問題なくても育たないのもおるしね。

前コメントで書いたハトね、おっきいちゃんとちっちゃいちゃんと呼んでたんだけど。
孵化して1ヶ月順調に育ったころにちっちゃいちゃんが突然死んじゃったのね。
普通に動いていたのに、1時間後に見たら虫の息であっという間に。
今また新たに2羽が成長中。
今度は無事に巣立ってくれるよう心の中で思うくらいしかできんのよね。
人間が作った場所を選んだのなら、それも彼らの野生の選択だし。

取り留めなくなっちゃったけど、元気出してね。
No title
むむ~。自然の摂理といえばそうかもしれない。 
でもなんだかちょっとひっかかる・・・。
昔は教えなくても、育てられる環境だったのが、鳥達も難しい環境の中で子育てしているので、
どんどん本能的なものがずれているのかもしんない。

こちらもうぐいすが上手に鳴けずに、育ってしまってずーっと「けきょけきょ・・・。」って鳴くだけだったし、
コジュケイも「チョットコイ・・・」って鳴くはずが「コイ?コイ?」って
後ろだけしか鳴かなかったり、変な感じをうける~。

人間の子供も危険な環境だけど、自然界もあぶないのかもね。

と・こ・ろ・で・・・。
マカロンポーチは詳細は作るワリには説明ベタなのでわたくしのコメ欄に
作り方を詳しく解説されてる方のアドレス、貼っておきますた。ww
なんて、他力本願なんだ・・・・。
ハンドメイド界では、ひそかにはやり中・・・・。マカロンポーチ。
500円玉は入れられるんだよね。^^
ファスナーの長さやボタン芯の大きさでマカロンの大きさも色々できるんだよ~。
私がつくったのは出来上がりが3.5センチぐらいのチビマカロンだす。

おためしあれ~。
No title
私が小学生の時に、よその家にあったツーさんの巣が崩れかけてて
こぼれそうになっている巣材と一緒に卵があったんですよ。
「卵が落ちてしまう」とウチからホウキを持って行って
巣材と卵を巣に戻そうとしたんですが…
ドサッ!コロッ!びちゃ!ってことになってしまって
「悪いことしちゃった~」と子供心にひどく傷ついたところに
その様子を見てたご近所さんは「卵、盗ろうとしたの?」と
イタズラしようとした子に見られたようで、更にショックでした。
と、なんだか収集がつかない話ですが…好きでも難しいですね。


コメント有り難うございます!
>まぐろん
優しい言葉をどうも有り難う。
そうなんよね、なんでそこを選んだのか?って思うと、ほんと本人達の野生の選択としか言いようがないんよね。
だから結局「しょうがない」って話なんだけど、それだけでは片付けられないもやもや感が残るわよね…。
重要度が全く違うから比べるのもおこがましいんだけど、トキとかコウノトリとかね、ああいう希少動物の自然繁殖をやってる人は、本当に大変だなぁと思ったわ。
普通に生まれたヒナとかを巣から捨てたりするからね、人工飼育トキ。
なんつうか、やりきれないことも多いだろうなぁってね、思います。
ちっちゃいちゃんはなんで死んじゃったんだろうね。
現在3羽?ほんとうまく巣立ってくれるといいねぇ。また話聞かせてちょ。

>てるすけさん
ね。なんか野生のものも子育てが上手にできなくなってるのかなぁって、私も思った。
スズメは巣を掛けられる場所がどんどん減ってる(最近は瓦屋根とかほとんどないから)から、すごい変な所とかに巣を掛けてるってテレビで見ました。
うちに巣掛けしたのも、そういうのだったんかなぁ、そんで失敗しちゃったんかなぁとか思います。
うちの近所のコジュケイはちゃんと「チョットコイ!」って鳴いてるんだけど、「コイ?コイ?」っていうのはおかしいねぇ。長年掛けて鳴き方を完成する系なのかなぁ。
あ、マカロンポーチの作り方有り難うございました!
見てきたけど、簡単そうで難しいんじゃないかしら?!私にできるかしら??!
でもブックマークしましたので、いつかチャレンジするわ!

>Aさん
うわ、なんだその超可哀想な話!少女Aが可哀想過ぎる!
そういう何気ない大人の一言が、子供の心を大きく傷つけたりするのよねぇ~。
少女Aがその後グレたりしなくて本当に良かったです!(知らないけど)
ツーさんもね、なんかヘタな巣造りのせいで巣が欠けたり壊れたりしてるの、いるよね。
ああいうのも「生き残れない組」なんだろうね。知恵とか勇気とか技術のあるものだけが生き残れる世界だもんね、野生って。

さて、Aさんもしかしてオールスターとか観に行ってた?Aさん行ってそう~と勝手に思ってたんだけど(笑。
久しぶりに名古屋ドームでのオールスターだったんで、去年は行く気満々だったんだけど、なんか震災とか引っ越しとかですっかり忘れちゃってた…。
普段お馴染みのローカルアナウンサーがブルペンレポートしたり選手コールしたり実況したり色々活躍してたのが、地味に嬉しかったです!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。