ギャー!という声

我が家の近所は普段、非常に静かなんです。
その静けさの中、時々「ギャーーーーー!!」という悲鳴のような声が聞こえてくることがあります。
ほんとに、何事か!と一瞬驚くような大きさで、空気を切り裂くような鋭い声なのです。

最初は猫のケンカかなと思いました。
でも猫にしては余りにも音量が大きい。
もっと肺活量のある感じに聞こえるのです。

次に赤ちゃんかなと思いました。
誰かがベビーカーで散歩してて赤ちゃんが泣き出しちゃったのかな、とか。
でも窓から声がする方を見ても、人っ子ひとりいないのです。

たまにしか聞こえてこないのですが、聞こえたら毎回一瞬ドキリとするような声なのでずっと気になっていました。
その声の主が最近分かったのです。

120125.jpg

アオサギでした。
こんなシュッとした感じなのに、あんな悲痛な声で鳴くんですね…。
普段このポーズでぼーっとしてるのしか見たことなかったんで、知りませんでした。
それで思ったんですけど、水鳥って全般的に鳴き声が残念な感じですよね。
あれは、なんでなんだろう。

調べてみると、鳴き声がきれいな鳥は活動範囲がたいてい立体(森の中とか)なので、上手な歌で自分の優位性を主張してるのだそうです。
姿は見えないけど、こんなに美しい歌を唄う御方は、さぞかし素敵な方なのでしょうね!→モテモテ、みたいな。

それに対して水鳥は平面(水辺)なんで、姿丸見え。とにかく色・艶・形で勝負!声?そんなの関係ないぜ!みたいな。

ところで文鳥は「歌と踊り」のダブル要素で求愛するタイプなのですが、先代小鳥ちゃんは踊りはともかく、本当に本当に歌がヘタだったことを思い出しました。
「キョエエエエエエエエ」みたいな歌を気持ち良さそうに唄っているのを見て、いつも気の毒になったものです。



 おれのうたを聴け!エッヘン
ジャイアンよりはちょっとマシってレベル…。


関連記事

Comment

私、歌も踊りも苦手~鳥社会じゃモテないですわ(^^

ウチの近くにある田んぼでサギやキジ、
クチバシと足が黄色いカモメみたいな鳥(名前不明)も
よく居く見かけます。
ときどき「ギャー!」という声聞きますよ。
猫たちの恋の季節かモメてるのかと思いましたが
あの声、サギなんですね~




Aさん
Aさん、鳥女子は歌も踊りもできなくていいのよ!審査する方だから!
次に生まれ変わったら鳥になりたいなぁ。
マイコドリとかフウチョウ系のメス鳥に生まれて、オスが一生懸命踊りまくるのを見たいです。
まぁそんな妄想はさておき、田んぼにいるクチバシと足が黄色いやつはたぶん「ケリ」じゃないかな。
もんのすごい怖い目のやつだよね。
うちの近所の田んぼにもいます。春頃は繁殖期なので、じーーーっと見てると草陰からピヨピヨとグレーのヒナっ子集団が出てきますよ。もう超可愛いの!親怖いけど!
あと、ギャーーーはたぶん絶対サギだと思う。猫様よりラッパっぽい声じゃない?
  • 2012/01/29 12:53
  • コトリ子
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。