カケスのサミー

こないだ朝起きてカーテン開けたら、餌台の向こうの雑木林になんか中ぐらいの鳥の影が見えました。
餌台には来ないんですが、この辺りはヒヨも群れでいて、よく雑木林をギャーギャー追っかけっこなどしているので、最初ああヒヨかと思いました。
そしたらその鳥がふわりと飛んで一番近くの雑木まで出てきて止まりました。
グレーっぽい色だしヒヨより大きい感じだったので、ヒヨじゃなくてヤマバトかと思ったんですが、その飛び方があまりにも優雅で軽い。
ハトは飛び上がる時も降りる時も、バサバサッと割と「重さ」を感じるんですが、この鳥は重力のないふわりとした飛び方でした。
ほんとフクロウ級のエアー感。
なんつうか、そうね、貴婦人が膝の上にレースのハンカチをね、こうふわっと広げるようなね、そんな優雅さですよ。伝わらないと思うけど。

なので驚いてよく見たら、これが全然見たことない鳥!
頭は白と黒のゴマだし、羽根には真っ青と黒のストライプ。目はハスキー犬のような薄い水色?みたいに見えました。
もう焦って主人呼んでカメラと双眼鏡でガン見したところ、この御方でございました。

120217.jpg

分かりますか?私は全っ然分からなくて、めっちゃ調べまくりました。
カケスです!カケス!
いやぁもうカケスなんていうのはね、見たことも聞いたこともない、正確に言うと「カケスのサミー」くらいしか聞いたことないっつうレベルのね、そんな都市伝説的な感じに思ってたんですが、案外こんなとこでお目にかかれるんですね…。

サイズは結構大きくて、調べると体長33cmと書いてありますからハトよりちょっと大きいくらいですかね。
いやしかしハトより存在感ありました。この顔!この頭!そんでこの青と黒!

1202172.jpg
なにか?

そんな貴婦人のようなカケスですが、情報によると鳴き声が汚いらしいです。
「ジェー」というか「ジー」というか「ギィー」というか、まぁとにかく情緒のない声なんだとか。
ききみみずきんで聞いてみたら、あーなんか普段よく聞くわこの声という感じでした。
見えてなかっただけで、いつも側にいてくれたのねカケスさん!ありがとうカケスさん!ありがとう!



 なにその終わり方。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。