発情期でそのうが圧迫される話

小鳥ちゃんも5歳を過ぎ、ここまで繁殖期らしい繁殖期を迎えてこなかったのでやれやれと思っていたら、ここからまさかのスーパー繁殖期ターン!
体が小さくて虚弱なのですっかり油断してましたが、そういえば去年史上最大の換羽が来たんだった。
いつの間にか普通文鳥並みに健康体になっていたのだなぁ小鳥ちゃん。

で、最近はもう人の顔見たら尻尾振り、声が聞こえたといっては尻尾振り、ひどい時なんか主人がくしゃみしただけで尻尾振る始末。
くしゃみの何が嬉しいんだ…。
(尻尾振りは文鳥女子の求愛行動です)
(つまり小鳥ちゃんはやっぱり女子だったみたいです)
(尻尾振る男子も時々いるみたいですけど)

そんな小鳥ちゃんですが、この間病院で体重を計ったらなんと24gもありました。
思わず先生に向かって素で「はっ?」と言ってしまうくらいの増加ぶり。
なんせここ5年間、20~21gをキープしてきたのに急に24gなんて、人間で言えば50キロの人が60キロになるようなもんですよ!

20130204.jpg
本文には全然関係ないセクシーひよちゃんの写真。
最初は微笑ましく見てたんですが、最近餌台のみかんを一瞬で根こそぎ喰らい切ってしまうので悩みの種です。
ガツガツし過ぎなんだよひよちゃん!
あとアップで見ると目が怖いよひよちゃん!


でもこれは繁殖期にはよくあることなんだそうです。
とにかく生殖器が血液と脂肪で大きくなるらしく、小鳥ちゃんも普段は脂肪の全くないスレンダーボディーなのですが、今回お腹の辺りが脂肪で黄色くなっていました。

で、こっからが先日のプチプチ話に繋がるんですが、鳥ってとにかく飛ぶために体が極端に軽量化されてて、骨や内臓が異常に効率良く作られてる上に皮膚の下には一定量の空間層まであるらしいです。
でも繁殖期に入るとそういった訳で生殖器が膨張するために、他の臓器が必然的にグイグイ圧迫されて、全体的に空間層エリアまで押しやられて行くそうです。
そうすると「そのう」という食べた物が入る部分も圧迫されるので消化がしにくくなり、消化の時に変な音がするようになると。

なるほど!

ついでに、繁殖期に入ると、体が重くなる→内臓が圧迫される→呼吸がしにくくなる→ちょっと飛んだだけでゼイゼイなる、という症状も出るらしいです。
今の小鳥ちゃんもまさにそれ。ちょっと飛ぶと肩で息してます。
どうりで。っていうかそりゃあ50キロが60キロになりゃあ重いわ…。
最近小鳥ちゃんの体重は全くノーマークだったので、ほんとに衝撃的でした。
やっぱり体重管理は健康の第一歩。
まめに計らなくてはいけないなぁと思いました。

ちなみに、体重は繁殖期が終われば勝手に元に戻るそうですのでご安心を。

=========
と、ここまではこないだ書いてたんですが、今日もう小鳥ちゃんがヤバいです。
お腹おっきくないの…?もう卵産まれるんじゃないの…?
みたいな感じで、飼い主が軽くパニクってます。
体重は26g。尋常じゃない。
お願いやめてーーーー!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。