カケスのサミー軍団

まだ1ヶ月経ってないのに広告出てるじゃん。

家鳥がいなくなってしまったので、外鳥を(指をくわえて)眺めております。
今冬はカケスが大量発生。
前にも書いた通りカケスの声は全く情緒がないんですが、その鳴き声があっちこっちでするのでまったくもって騒々しい。
そんで山での縄張り争いに負けたヤツらが山を下りて、うちの庭のどんぐりを食べに来たり。

20150201-1.jpg
ハトくらい大きいんでやっぱり見ると「おおっ!」と思います。

20150201-2.jpg
口にどんぐりを数個くわえる貪欲サミー。

前回(およそ3年前)が初カケスで、その後も全く見ることなくて、自分の中ではほぼ幻の鳥扱いだったんですが、去年の秋やってきた軍団の数がとにかくハンパじゃない。
「あっ飛んだ」「こっちも飛んだ」「あそこに2羽いるね」「こっちは3羽だね」みたいなノリで向かいの山にめちゃめちゃいます。
たぶん年によって移動してくる個体数が違うってことだと思うので、ありがたく堪能させて頂こうと思います。
いつもの移動先のどんぐりが少なかったのかな。
関連記事